くるみでは2017年1月に「みんなの学校」上映会を行いました。
この映画上映会には288名もの方にお越しいただき、その後「おはなし会」も行い、とても盛況でした。
その後も各地で上映会が開催されています。

映画の中に「レイ君」という子が出てきます。
彼は当時小6でしたが、中学進学後にトラブルがあったと聞いて、彼の存在はとても気になっていました。
地域の子との共通点があると感じていたこともあったと思います。

彼も今はもう高校生のはず。どうしているのかな…。
と思っていると、この記事 に彼のその後について書かれていました。
(大空小学校について初めて聞く人にもわかるように書かれているのでちょっと長いですが、最後のページに出てきます)

なんと、彼は高校生活の傍らで、大空小学校でボランティアとして働いているそう。

なんだが、胸が熱くなりました。

本当によかった!という思いとともに、くるみでやるべきことも見えてきた思いでした。

つまり、くるみー来未が目指したいのも、そんなコミュニティなんだ、ということに改めて気づかせてもらいました。

 

記事の最後に出てくる質問で言うと、

「あなたが生きてきた中で信じられる人がいましたか?」

→「いました」

 

「それは誰ですか?」
→「くるみの人たちです」

 

・・・一人でも多くの人に、そんな風に言ってもらえる団体になりたい。いや絶対になるぞ!

そんな気持ちを新たにしました。

 

NAOTO

 

当時のFB記事と上映会レポートを以下に貼り付けます。

2017.1.8 みんなの学校上映会レポート